返してくれない理由

Pocket

売掛金回収を行う際にそれなりに注意して相手を見てもらいたいのが延滞の理由について理由によっては方法を上手く考えないと非常に厄介なことになる場合がありますので、理由について理解するようにしてください。

どうしても仕方がなくという理由です。実際多くの場合でこれが発生することがあります。例えば、支払いしたつもりでいた単純なミスやあと少しで支払えるなどの理由なら電話一つで解決することが出来ます。また、止む終えない理由により延滞していたなどのことがある場合もあるでしょう。これはある程度解決策があります。場合によっては少し返済してくれればやりかたがありますのでこちらは良いです。

開き直りや悪意ある理由といったのが売掛金回収を行う上で問題となるものです。開き直りはお金が用意できなかったや支払いが入ってくる見込みがあるがギリギリまで待つという場合があります。この場合は一度回収の意志を見せる必要があります。

そして一番の問題が悪意ある理由です。最初から払う意志が無い、踏み倒す気でいる、音信不通を決め込むと言った方法をするところはすぐに対処しないと最悪時効まで逃げられるので注意が必要です。

このように様々な理由により売掛金の回収が出来ないという場合があります。時効や踏み倒しを避けるためにもしっかりとした対策をして回収をするようにしてください。